読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『論語』 人のふり見て我がふりなおせ

部下や同僚や上司の批判を口にする人がいる。

「あいつには困ってしまう」などと愚痴る人がいる。

 

もちろん、聴いていて当っているなと、思うこともある。

また、そうは思えない場合もある。思えない場合の方が、多いように感じる。

批判している側とされている側、そんなに変わりはないのではないか。時には、批判される対象者の方が優れているのではないか、と感じることもある。

 

五代目古今亭志ん生は、

「他人の芸を見て、あいつは下手だなと思ったら、そいつは自分と同じくらい。同じ位だなと思ったら、かなり上。うまいなあと感じたら、とてつもなく先へ行っている」

と述べているが、実にもっともだと思う。

 

自分から見て劣っていると思ったらならば、それは自分と同等だということである。

だから、改めて自分を反省する必要が出てくるのである。

 

最近はロクな人物がいないな、などと思うことが多いが、それは結局、自分程度の人ばかりということである。

他人の愚かさを愚痴る暇があるなら、自分の愚かさを心配した方が良さそうである。

 

出典 (明治書院)新釈漢文大系1『論語』吉田賢抗著 98頁里仁第四

子曰、見賢思齊焉、見不賢而内自省也。

子曰く、賢を見ては齊(ひとし)からんことを思ひ、不賢を見ては内に自ら省(かへりみ)るなり。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村