読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『孟子』 心と身体はどちらも重要な筈です

孟子は言う。

くすり指が曲がって伸びないとする。決して痛い訳ではなく、不便な訳でもないとする。

しかし、これをきちんと治療して貰えるとしたならば、どんなに遠くにでも行くだろう。それは、指が人並みでないことを恥じ憎むからである。

ところが、指よりもずっと大事な筈の心が人並みでない場合、それを恥じ憎むということを、多くの人はしない、と。

 

考えてみれば、孟子の言うように、整形やエステで身体的な美を追求する人は多いが、心の美を追求する人は少ない。

また、世の中には身体が不自由な人よりも、心が不自由な人が多い。

 

心の方が身体より重要だとまで言わなくても、精神的な豊かさが物質的な豊かさよりも大事だとまで言わなくても、同等であってしかるべきだろう。

 

ところが、物質的な豊かさを求める人は多いが、精神の豊かさを求める人は少ない。孟子の言うように、身体の不自由さは気にしても、心の不自由さは気に留めない。

 僕たちは、物事の軽重を見失っているのだろう。

 

出典 (明治書院)新釈漢文大系4 『孟子』 400頁告子章句上

孟子曰、今有無名之指、屈而不信。非疾痛害事也。如有能信之者、則不遠秦楚之路。

爲指之不若人也。指不若人、則知惡之。

心不若人、則不知惡。此之謂不知類也。

孟子曰く、今、無名の指、屈して信(の)びざる有り。疾痛して事に害あるに非ざるなり。如(も)し能く之を信はず者有らば、則ち秦楚の路も遠しとせず。指の人に若(し)かざるが爲なり。指の人に若かざるは、則り之を惡(にく)むことを知る。心の人に若かざるは、則ち惡むことを知らず。此れ之を類を知らずと謂ふなり、と。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

ロゴ