読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『世説新語』 なぜ、部下から意見が出ないのだろうか?

世説新語

東晋の時代、劉簡という人がいた。剛直な人柄であった。

ある時、意見を求められたが、何も答えなかった。

上司である桓宣武(桓温)が、

「何故、意見を言わないのか」

と、問うた。

それに対して、劉簡は、一言、答えた。

「言っても、採用されないことが分かりきっているからです」

 

社長「わが社はイエスマンばかりで困ったもんだ」

社員「お言葉ですが、社長・・・・」

社長「うるさい!口出しするな!」

 

社長「もっと画期的なアイデアはないのか?」

社員「この計画はどうでしょうか?」

社長「なるほど、ところで、この計画に前例はあるのかね?」

 

昔も今も、社員が意見を言わないのは、社員の所為ではない。

 

出典(明治書院)新釈漢文大系77『世説新語 中』目加田誠著 418頁方正第五

劉簡作桓宣武別駕、後爲東曹參軍。頗以剛直見疎。

嘗聽訊、簡都無言。

宣武問、劉東曹何以不下意。

答曰、會不能用。宣武亦無怪色。

劉簡、桓宣武の別駕と作(な)り、後に東曹參軍と爲る。

頗(すこぶ)る剛直を以て疎(うと)んぜらる。

嘗て聽訊(ちやうじん)せらるるも、簡、都(すべ)て言無し。

宣武、問ふ、劉東曹、何を以て意を下さざる、と。

答へて曰く、會(かなら)ず用ふること能はざらん、と。宣武も亦怪しむ色無し。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

 

ロゴ