読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『荀子』 仁者は必ず人を敬する

荀子

人を、善い人、悪い人に二つに分けたとする。

善い人に対して敬意を示さないということは、こちらが人でなしの獣ということになる。

悪い人に対して敬意を示さないということは、獰猛な虎を馬鹿にするようなものである。

 

つまり、どのような人に対しても敬意を示すことが大事で、そうでなければ、身に災厄が及ぶ。

まことにもっともである。

そもそも、人の善悪や賢不肖などといったことは、簡単には分からないものである。

それなのに、ついつい相手を侮り馬鹿にしてしまうことがある。

誰に対しても敬意を以て接する、それが「礼」というものだろう。  

 

 

出典 (明治書院)新釈漢文大系5 『荀子 上』藤井専英著 385頁臣道篇第十三

仁者必敬人。

凡人非賢、則案不肖也。人賢而不敬、則是禽獸也。

人不肖而不敬、則是狎虎也。禽獸則亂、狎虎則危、災及其身矣。

仁者は必ず人を敬す。

凡(およ)そ人賢に非ざれば、則案(すなはち)不肖なり。人賢にして敬せざれば、則ち是禽獸(きんじう)なり。人不肖にして敬せざれば、則ち是れ虎を狎(あなど)るなり。禽獸なれば則ち亂れ、虎を狎れば則ち危く、災ひ其の身に及ぶ。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村