天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『春秋左氏伝』 古代のコンプライアンス

中国春秋時代、紀元前527年に、晋の将軍である荀呉が鮮虞を伐ち、属国である鼓の城を包囲した。

 

城ぐるみで降参したいという内通者が現れたが、荀呉は許さなかった。

楽して城を落とせるのに、何故、そうしないのかと部下たちが言うと、荀呉は、こう答えた。

 

私は、叔向から教えられたことがある。

それは、善悪の判断を間違えてはならない、ということだ。

そうすれば、下の者はどこに行くべきかを知り、何事も成就できる、と。

 

もし、誰かが他国に内通すれば、私はその者を悪として憎む。

にもかかわらず、どうして鼓の内通を喜ぶことができようか。

 

自分が悪だと考えていることを選んだならば、善はどうなるのだ。

悪を選んで善を選ばなければ、信用を失ってしまうだろう。

 

信用を失ってしまえば、下の者はついてこなくなるだろう。

悪の力を借りるのではなく、自らの力で城は落とすべきだ。

 

城を落したいという欲に惹かれて、悪に近づいてはならない。

それは、より多くのものを失ってしまう道である。

 

荀呉は、こう言って、鼓に内通者を教えて殺させ、守備を厳重にさせた。

 

古来より、名将と呼ばれる人は、敵味方関係なく、裏切りというものを嫌った。

勝ちさえすれば、手段は何でもいいとは、考えなかった。

 

戦いにおいても、義を重んじたのである。

今の言葉でいえば、コンプライアンスということになるかもしれない。

 

利益さえ出れば手段を選ばない、昨今の企業経営者に知って貰いたい話である。

出典 『春秋左氏伝 四』1430頁昭公十五年

 

晉荀呉帥師伐鮮虞、圍鼓。鼓人或請以城叛。穆子弗許。

左右曰、師徒不勤、而可以獲城。何故不爲。

穆子曰、吾聞諸叔向。曰、好惡不愆、民知所適、事無不濟。

或以吾城叛、吾所甚惡也。人以城來。吾獨何好焉。

賞所甚惡、若所好何。若其弗賞、是失信也。何以庇民。

力能則進、否則速退、量力而行。

吾不可以欲城而邇姦。所喪滋多。使鼓人殺叛人而繕守備。

 

晉(しん)の荀呉(じゅんご、人名、中行呉もしくは中行穆子)師を帥(ひき)ゐて鮮虞(せんぐ、北方の異民族)を伐ちて、鼓(こ)を圍(かこ)む。鼓人(こひと)、或いは城を以て叛(そむ)かんと請ふ。穆子(ぼくし、荀呉のこと)許さず。

左右曰く、師徒、勤めずして、以て城を獲べし。何の故に爲さざる、と。

穆子曰く、吾、諸(これ)を叔向(しゅくきょう、人名、羊舌肸、晉の名臣)に聞く。曰く、好惡を愆(あやま)らずんば、民、適(おもむ)く所を知り、事、濟(な)らざること無し、と。

或は吾が城を以て叛(そむ)かば、吾甚だ惡(にく)む所なり。人、城以て來たる。吾、獨り何ぞ好(よ)みせん。

甚だ惡む所を賞せば、好(よみ)する所を若何(いかん)せん。若し其れ賞せずんば、是れ信を失うなり。何を以て民を庇(かば)はん。

力、能くせば則ち進み、否(しか)らざれば則ち速(すみや)かに退き、力を量(はか)りて行はん。

吾、以て城を欲して姦に邇(ちか)づく可(べ)からず。喪(うしな)ふ所、滋(ますます)多からん、と。鼓人をして叛人(はんじん)を殺して守備を繕(をさ)めしむ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村