読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『論語』 品性に欠けた人間を管理者にしてはならない

著名な経営学者であるドラッカーは、
Integrity(高潔さ、真摯さ、品性)に欠ける者にマネジメントを委ねてはならないと述べた。

(僕が昔読んだ本では、Integrityを「品性」と訳してあったが、最近の本は「真摯さ」と訳しているようである。「品性」の方が原文のニュアンスに近いのではないかと、僕は思う)

では、品性に欠けるとはどういうことなのか?
孔子の言葉が、もっとも適確だと僕は思っている。

「周公旦(孔子がもっとも尊敬した政治家)の才能があっても、驕慢で吝嗇であったなら、話にならない」

驕慢とは、人を馬鹿にして、その長所を見ようとも活用しようともしないことである。
吝嗇とは、自分の利益しか考えないことである。

どんなに才能があっても、いや、才能があればあるほど、このような人物が人の上に立てば、その組織や企業は滅茶苦茶になってしまうだろう。

 

最新のマネジメント理論やマーケティング理論をいくら勉強しても、品性に欠けていれば、それだけで管理者・経営者としては失格である。 より良い管理者・経営者になろうとするのであれば、まず考えなければならないのは、驕慢かつ吝嗇にならないということである。

 

そして、部下を昇進させる際には、その人間が品性に欠けていないかどうかを、きちんと見抜くことが大事であろう。


出典 (明治書院)新釈漢文大系1『論語』187頁
泰伯第八
子曰、如有周公之才之美、使驕且吝、其餘不足觀也已。

子曰く、如(も)し周公の才の美有るも、驕且つ吝ならしめば、其の餘は觀るに足らざるのみ。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村