天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『論語』 イエス・バット法

庭で揺れてるスモモをみれば
あなたの姿が目に浮かぶ
会いにゆこうと思ってみても
あまりに遠い二人の距離(あいだ)

「あの娘が好きだ。今すぐでも会いたいと思う。でも家が遠くて・・・」
こんなことを言っている内は、本当は好きじゃないのだ、と孔子は言う。
論語というと、ただただ固くて面白くない本というイメージだが、こんな粋な話も載っている。
本来、孔子は愛(仁)や情を最も大切にした人であり、決して堅物ではない。

ところで、この「・・・だと思う、でも・・・」という言い方は、私たちの得意な論法だと、思う。
言い訳をする場合などに、よく使われる。イエス・バット法という名前もある。

「タバコは止めた方がいいと思う、でも・・・」
「早起きしようと思う、でも・・・」
言い訳であるから、前半のイエスの部分にくることは、善いことが多い。
「人を騙した方がいいと思う、でも・・・」という風には、あまり使わない。

つまりは、何が善いことなのか、本来、何をすべきなのか、分かっているということであろう。分かっているということは、分かってないことに比べたならば、比較にならないほど素晴らしいことである。

「言い訳」をするなと、怒る人がいるが、こういった類の言い訳は、必ずしも悪いことではないだろう。

悪いのは、責任転嫁である。
例えば、

「うちの会社が儲からないのは、客が馬鹿だからだ。社員のレベルが低いからだ」

「このブログは良いことを書いているのに、人気が低いのは読む人の質の問題だ」とかである。

f:id:take-ivy:20170222112853j:plain
出典 (明治書院)新釈漢文大系1『論語』吉田賢抗著 216頁
郷党第十

唐棣之華、偏其反而。豈不爾思。室是遠而。子曰、未之思也。夫何遠之有。

唐棣(たうてい、にわざくら、すもも)の華、偏として其れ反せり。豈(あに)爾(なんぢ)を思はざらんや。室是れ遠ければなりと。子曰く、未だ之を思はざるなり。夫れ何ぞ遠きこと之れ有らんや。 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村