読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『荀子』 要はアドラーの嫌われる勇気を持てってことかな

荀子

人が寒いのは嫌だと騒いでも、天が冬をなくすことはない。
広いのが嫌だと言っても、地が、その遼遠をなくすこともない。

 

他人からの評価も、天や地のようなものであって、こちらが変えようとしたって変わるものではない。
だとするならば、他人の目を気にするよりも、自分の良心に従って行動するしかないのである。

毀誉褒貶(きよほうへん、褒めたりけなしたりすること)は他人の主張、行藏は我に存す。我に関せず、我に関わらず(勝海舟の言葉)
なのである。


出典 (明治書院)新釈漢文大系6 『荀子 下』藤井専英著483頁
巻第十一 天諭篇第十七
天不爲人之惡寒也輟冬、地不爲人之惡遼遠也輟廣、君子不爲小人之匈匈也輟行。天有常道矣、地有常數矣、君子有常體矣。君子道其常、而小人計其功。詩曰、何恤人之言兮、此之謂也。

天は人の寒を惡(にく)むが爲(ため)に冬を輟(や)めず、
地は人の遼遠を惡(にく)むが爲(ため)に廣(ひろ)きを輟(や)めず、
君子は小人の匈匈(きょうきょう)たるが爲(ため)に行(おこなひ)を輟(や)めず。
天に常道有り、地に常數(じやうすう)有り、君子に常體(じやうたい)有り。
君子は其の常に道(よ)り、小人は其の功を計る。
詩に曰く、何ぞ人の言を恤(うれ)へん、とは、此を之れ謂ふなり。 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

ラヴソング