天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

『老子』 平凡に生きるのが実は一番難しいかもしれない

老子の思想は、世俗を超越しているようであって、実は処世訓として素晴らしい。

器に水を一杯にして、こぼすまいと心配するくらいなら、一杯にしなけば良い。
刃物を鍛えて鋭くし過ぎれば、かえって長持ちしない。
財宝が蔵に満ち溢れたならば、それを守りきることは難しい。
偉くなって傲慢になれば、他人からの恨みをうけることになる。
功成り、名を遂げたならば、早々に身を退けることが、道理にかなっている。

逆説的ではあるが、その通りだなぁと思う。

 

本当に幸せな人は、金持ちでも有名人でもない、ごくごく平凡な人かもしれない。
ただ、悲しいことに、

「もっと金持ちになりたい」

「もっと偉くなりたい」

という、人の欲がこの道理を妨げてしまう。平凡に生きることは、かなり難しい。


出典 (明治書院)新釈漢文大系7 『老子』 24頁
運夷第九
持而盈之不如其已。揣而鋭之不可長保。金玉滿堂莫之能守。富貴而驕自遺其咎。功成名遂身退天之道。

持して之を盈(みた)すは其の已むに如かず。
揣(きた)へて之を鋭くすれば長く保つ可からず。
金玉堂に滿つれば之を能く守る莫(な)し。
富貴にして驕れば自ら其の咎を遺す。
功成り名遂げて身退くは天の道なり。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村