天下の小論

其の詩を頌し、其の書を読み、其の世を論ず 東洋古典の箚記集です

忠告は、するもされるも難しい

ドイツ炉辺ばなし集という本に出ている話である。

f:id:take-ivy:20170214204447j:plain

父親と息子がロバを連れて歩いていた。
すると、前から来た男が、
「せっかく、ロバがあるんだから乗ればいいじゃないか」
と言った。

なるほどと思った父親は自分がロバに乗って進んでいった。
すると、前から来た別の男に、
「子供を歩かせて自分がロバに乗るなんて、親の風上にもおけない奴だ」
と注意された。

そこで、父親はロバから降りて、息子をロバに乗せた。
すると、また来た別の男に、
「親を歩かせて子供がロバに乗って楽するとは、とんでもない親不孝だ」
と説教された。

それではということで、父親は息子と二人でロバに乗った。
すると、またまたやって来た別の男に、
「かよわい動物に二人も乗るなんて、動物虐待も甚だしい!」
と叱られてしまった。

進退窮まった父親は、息子と二人でロバを担いで進んでいった。

他人の忠告ばかり聞いていると自分を失ってしまう。

立場を変えれば、相手のことを良く知らないで忠告するのはよそう。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村